スリとスリ後発の。

新聞にも報道きれましたが、あまりにも桁違いの養殖密度であったため受けいれられませんでした。こうして、私の若い頃の仕事を振り返ってみて「ウナギとアオコ」「植物と土」の関係が酷似していることに気付いたのです。ウナギとアオコは、業者が言うような絶対的なものではなく、むしろ水中の生態系を複雑なものとし、かえってウナギの病気を発生する原因を作りだしていたのです。私は、農耕における土も同様であると直感しました。土という複雑な生態系の中に、植物の重要な部位である根が入っているわけですから、植物栽培においては大きなリスクを負うことになりま す。動植物を密度を高めて飼育する場合には、彼らが生活する環境を、彼らのストレスにならないように単純化してやることが非常に重要です。そこで、植物にとって土とは何かと、改めて考えてみますと、土には、①植物体を支持する。

もし「一九七一年型ATT」がなりATTの子会社であれば、話は簡単で、その社内の熟練者や技能者の配備も変わってくる。新社の創造は、ある意味で、そう困難ではないと言える。一夜のうちに一三万六○○○人の会社をつくるのは困難だが、それよりもっとむずかしいのは、その「子会社」を既存のATTの中に組み入れる作業である。斬新性は一つの子会社の中に閉じ込められず、ATTの社内全部に散らばっている。もし。九七一年型ATT」が一つの会社なら、全従業員がツーカーの仲だろうが、それをATTに重ね合わせ、一つの機構の中に組み入れるとなれば、ATTの全従業員が一人残らず斬新性の急襲を受ける運命を避けられないのである。●l外部の斬新比社内の斬新性の問題を解くだけでも、ATT経営者にとっては大仕事であろう。

また、この年の九月一六日、一七日の米軍の大高根の射撃場の強制測量反対に農民と労働者が力を合せて闘い、警官と衝突するという砂川に匹敵する闘いがあって、平和への願いと民族の独立の願いが燃え上がっていた。それに山形には北方性教育運動、生活綴り方の伝統があり、青年や母親たちの生活記録運動があり〃鉛筆を握る母親たち″が生まれていた。たくさんの農村婦人がこれらの運動の中から母親運動をささえてくれた。当時、山形県の労働婦人局の局長であった石井はたさんがわたしたちを応援して下さった。わたしは『詩歌』(前田夕暮氏の主宰していた短歌雑誌)の同人として、先生の短歌を読んで知っていた方であった。おおらかな先生は、アカといわれるわたしを、何の差別もなくよろこんでむかえてくれてこの運動をはげまして下さった。

マネー雑誌が特集を組んでいたからとか、証券会社の外務員が勧めたからというのは、やめましょう。無理して流行を追い求める必要はないのです。ウオーレン・バフェットは、ハイテク企業に投資しないことで知られています。バフェットは、かれの投資会社の株主総会で、「なぜ高成長のハイテク企業に投資しないのか」と質問されたとき、こう答えています。「ハイテク企業に投資すればもっとリターンはよかっただろうが、自分の知らない企業には投資しない方針である」と。「投資の成功はいかに多く知っているかではなく、知らないことをいかに現実的に限定するか、ということにかかっているのであって、投資家は大きな失敗を避けている限り、正しいことをそれほど多くする必要はない」とも言っています。個人投資家は、バフェットの哲学に学ぶべきです